メガネフレームの色が合っていない

メガネフレームの色は決定打

メガネが似合うか似合わないかを分ける重要なポイントになるのがメガネフレームの色です。メガネフレームの色は形状に比べても決定打になる可能性が高いので注意しなければなりません。自分の肌の色、髪の色に合っているかがまず重要になります。明るい肌の人の場合には明色のメガネフレームがよく似合う場合が多いですが、色黒の人は不釣り合いになってしまうことがよくあるので気を付けましょう。髪の色が黒の場合には比較的どの色も大きく外れることはありません。しかし、髪を染めている人の場合には補色を選んでしまうと似合わなくなりがちです。同系色で馴染ませると無難ですが、ファッション性が低下してしまうので工夫が必要になります。

服との不釣り合いにも注意

メガネフレームの色が重要なのは肌や髪の色だけでなく、ファッションの色との釣り合いが悪い場合にも似合わないと思われるようになるからです。普段からどのような色の服を着ているかを考えて、メガネフレームを選ばないとせっかく肌や髪に合う色を選んだのに台無しになってしまうかもしれません。服の場合にはメガネフレームから距離が離れているので補色の関係にあっても問題はありませんが、同系色の方がナチュラルな感じで受け入れてくれる人が多いでしょう。また、帽子を被るときにも注意が必要で、距離的に近いのでやはり補色になっていると似合わないと思われてしまいがちです。このように色の釣り合いをよく考えることが似合う眼鏡を選び出すのにつながります。

めがねは視力矯正のために必要な道具です。視界がクリアになり、見えないストレスからも解放されます。人生を楽しむために大事なアイテムになるでしょう。