輪郭を強調してしまっている

そもそもフレーム選びの基本を理解している?

せっかく新しいメガネを買ったのに、周囲の評判がいまいち、こんな方はいませんか。例えば顔の表情がキツく見えるようになった、それとは逆にカジュアルすぎる印象になって、職場で上司から指摘された等、このような経験のある方がいるかもしれません。それはもしかすると、メガネのフレーム選びを間違えているのかも。フレーム選びの基本を理解することで、自分の顔型にマッチした、最適な顔の印象を作り上げることが可能になります。

フレーム選びの基本には幾つかの原則がありますが、最も役立つのが自分の顔型とは、なるべく相反するタイプのフレームを選ぶことです。こうすることで顔全体のバランスが取れるようになり、自分の顔型の弱点を強調せずに済みます。

顔の輪郭を強調したくなければ、このタイプのフレームを選ぼう!

先述したように、メガネのフレーム選びでは自分の顔型との相性が重要になります。例えば頬や顎が目立つような、四角顔あるいは逆三角形顔の方はどうでしょうか。スクエアやウェリントンのような横幅が広く角のあるフレームを選んでしまうと、ますます頬や顎といった輪郭が強調されてしまいます。これでは顔の表情が険しく見えたり、近寄り難い雰囲気を与えるなど、日常生活のコミュニケーションにも何らかの支障をきたしかねません。

そこでフレーム選びの基本に立ち戻ると、四角顔や逆三角形顔の方には、丸みを帯びたフレームが最適ということになります。そのようなフレームといえば、オーバルやラウンドがふさわしいでしょう。特に横長の楕円形であるオーバルならば、四角顔や逆三角形顔でも自然と顔に馴染み、頬や顎を強調することなく、顔全体の雰囲気を和らげてくれるので安心です。

眼鏡フレームは第一印象を決める大きなポイントになります。イメージチェンジする小道具として取り入れてみましょう。