輪郭に合っている

メガネが似合う条件とは

似合うメガネには、色やレンズの大きさなど様々な条件があるでしょう。目の大きさや髪型なども、メガネを選ぶ上で重要なポイントとなります。小さな目の人が大きなレンズのメガネを装着すると、余計目が小さい印象を与えます。逆に、大きな目の人は大きなレンズのメガネを掛けると理知的に見えると言われています。また、金髪や茶髪など派手な色の髪には、ピンクや白など明るい系統の色のメガネが似合うでしょう。そして、鼻の高さもメガネ選びでは大切な要素です。鼻が低い人は、フレームが小さくコンパクトなメガネの方がズレにくくぴったりフィットするでしょう。さらに、眉の位置にも気をつけなければなりません。目と眉が離れている人は、縦長のフレームだと眉がフレームに隠れて引き締まった印象が生じます。

顔の輪郭に合うメガネとは

メガネを選ぶ上では、顔の輪郭との合わせ方も重要と言えるでしょう。丸顔の人には、スクエアと呼ばれる角ばった四角形のフレームが似合うと言われています。逆に、四角い形の顔の人には、丸いフレームのメガネが似合います。つまり、顔の輪郭と違う形状のフレームが似合うのです。丸顔の人が丸いフレームのメガネを掛けると、ますます丸顔が強調され、四角い形の人がスクエアのフレームのメガネを装着すると、更に顔の四角い形が印象付けられてしまうでしょう。

ただし、縦長の丸顔の人が横長の楕円形のフレームを使用したり、縦長の四角い形の顔の人が横長のスクエアのフレームを使うなど工夫すれば、丸顔でも丸いフレームがフィットしたり、四角い顔にスクエアのフレームが似合うケースもあります。