目と眉毛とのバランスと合っていない

メガネと目とのバランス

自身でメガネが全然似合わないと感じる、似合わないと言われたことがある人は、メガネと目のバランスが悪い可能性があります。メガネのレンズと目との位置で正しいとされているのが、レンズの中心、もしくは中心より少し上に黒目がくることです。この位置がずれているとバランスが悪く、メガネが似合わないという印象を与えることになってしまいます。

メガネと黒目の位置は、鏡を見れば簡単に確認できるので、試着をして正しい位置にくるメガネを選ぶことが大切です。人によっては、寄り目の人もいれば、反り目の人もいます。目と目の幅が広い反り目の人はメガネも横幅があるタイプ、二つのレンズをつなげているブリッジの幅が広めのタイプを選びます。逆に、寄り目の人は、横幅が狭いタイプ、ブリッジの幅が狭いタイプを選ぶと良いでしょう。

メガネと眉毛とのバランス

メガネが似合っているという印象を与えるには、眉毛とのバランスも重要です。位置としては、眉毛とフレーム上部とが重なって、少しだけ眉毛が見える程度の位置が良いでしょう。フレーム上部と眉毛とが重なることで、ナチュラルな印象を与えます。この位置がずれることで、メガネをかけると老けて見える、間抜けに見えるという印象を与えてしまうので、似合わないと感じる人は特にチェックしておきたいポイントです。

また、眉毛の形をフレーム上部のラインと同じ形にするのも良い方法です。いろいろなメガネをファッションの一部として楽しんでいる人には、メガネの形状に合わせて眉の形を整えるのは難しいかもしれません。しかし、いつも同じメガネを使う人は、そのメガネフレームと同じ眉に整えることで、より自然な印象を与えることができます。